top of page

【講義】SDGsの視点から見た運動療法の有用性

2023年8月29日(火)ハサヌディン大学看護学部主催

The 5th INHSP (International Nursing and Health Science Student and Healthcare Professionals Conference) 2023にて、

偕行会グループ 透析運動療法統括部 森山善文部長が 「SDGsの視点から見た運動療法の有用性」について講義いたしました。



今回のカンファレンスはハサヌディン大学創立67周年記念の一環として開催され、会場には150名の参加者が集まりました。 講義の後には活発な質疑応答が交わされ、運動療法への注目の高さがうかがえました。







閲覧数:23回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page