top of page

【インドネシア バンジャルマシン市と国際医療連携に関する覚書を締結】

更新日:2023年6月20日

2023年3月14日(火)インドネシア バンジャルマシン市と偕行会グループは「国際医療連携に関する覚書」の調印式を執り行いました。今回は2020年2月に初めて締結した覚書の更新となりました。



本覚書の内容は主に次の3点です。

① 知識や技能の開発・向上及び医療分野の人材を活用するための相互協力の構築に理解

② バンジャルマシン市が所有する医療施設における医療サービスの開発・改善

③ バンジャルマシン市における医療人材のスキル向上を図り、同人材を介護職員として日本で活用する



今回来日された方々は、バンジャルマシン市の市長をはじめ、市長第一アシスタント、労働局長、保健局長、大学学長など総勢16名。

調印式の前日には偕行会グループの施設を見学していただきました。どの施設も興味深く見学されており、日本の医療に感心されていらっしゃいました。なかでも透析医療や介護施設の設備には質問が集中し、関心の高さがうかがえました。


今回の覚書締結により、バンジャルマシン市の医療水準の向上と偕行会グループの海外事業の更なる発展を願っています。



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page